全国送料無料でお届けします

佐野藍×森パール 真珠の神様『豊玉姫』展

⽇本神話に登場する真珠の神様『豊⽟姫』を題材としたイベントを2024年6⽉10⽇(⽉)〜16⽇(⽇)まで開催いたします。
2019年より「パール&アート」をテーマにナガイツトム、五⼗嵐岳、⽉乃カエルなどのアーティストとコラボしてきた森パール。
今回は⼤理⽯を使った⽴体彫刻を佐野藍の制作でお届けいたします。

時の神「クロノス」、酒の神「バッカス」のように真珠の神「豊⽟姫」をメジャーにしたい。
⽇本が誇る宝⽯である真珠の神様はやはり⽇本の神様でないと、との思いで本展を企画しました。

佐野藍との出会いはX(旧ツイッター)。
アート視点で様々な作品に触れ⼤理⽯の美しさに⽬が留まる。
当初は真珠と⼤理⽯の「⽩の美」の協演をメインに考えていましたが、幻獣や爬⾍類を得意とする作家との打ち合わせを繰り返しているうちに⿓の姿をした真珠の神様に辿り着きました。

会場には新作「豊⽟姫」とその⽯彫を写したオリジナルジュエリーもご⽤意しております。
さらに、これまでの佐野藍のアーカイブ作品も多数展⽰。
パールとアートの融合をお楽しみください。


豊玉姫

⽇本神話に登場する⿓の姿をした真珠の神様。
海神・綿津⾒命の⼦として⿓宮城で暮らしていた豊⽟姫のもとを訪れた⽕の神⽕折尊と結ばれ⾝ごもる。
地上での出産時、本来の姿(⿓)になったところを⾒られてしまい、恥ずかしさと悲しみに耐えきれず⿓宮へと帰ってしまう物語が残る。
また豊⽟姫は童話「浦島太郎」の⼄姫のモデルとも⾔われている。
九州地⽅や三重県などにその物語が受け継がれています。



【佐野藍プロフィール】

1989年東京⽣まれ
2016年東京藝術⼤学⼤学院美術研究科彫刻専攻修了
⽯彫作品《サクラオオカミ》が東京藝術⼤学⼤学美術館に収蔵される。
⼤理⽯の質感や質量の持つ存在感を⽤いてドラゴン・幻獣や幻想、⼈間同⼠が持ち合わせる精神世界等、⽬に⾒えないものを結実させる。
また、⼤理⽯のポテンシャルである⾊・柄・質感で徹底的に遊ぶ様に展開しているPythonシリーズではプリミティブな美を追求し続けている。



【佐野藍×森パールコラボ展】

タイトル:『豊⽟姫』

日時:2024年6⽉10⽇(⽉)〜16⽇(⽇) 12:00~19:00
※6/12休館
※最終⽇は18時閉場

場所:森パールショップ&ギャラリー 東京都中央区⽇本橋室町1-12-11

前の記事へ
次の記事へ